<アクセス解析タグ ここから-->
FC2ブログ
 

風俗PinkyNavi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テクニック上達の為に(フェラチオ編)

みなさま今晩は~!

連休中日のミッドナイトを如何お過ごしですか?

ムラムラ来ても明日まで待って、性欲も精子も体力も温存して

明日の風俗でのプレイに備えましょう


さて、昨日は【接客の心得】について書きコキさせて頂きましたが、今回は、
フェラチオで大切な事】についてです。

①相手の感じるポイントを発見する!
闇雲にしごいたり、舐めたり、しゃぶるだけでは素人と一緒!
どうせするなら最高の快感で、最高に喜んでお見送りする事に専念しましょう!
神経研ぎ澄ませ、指先、舌全体に精神を集中させ相手のかすかな反応を読み取り、相手の感じる部分を攻めて行く。
※「素人が売りだから」とか「プロじゃないもん」と思っている人はいませんか?
お金を頂いて仕事をしている時点で「プロ」です!
お客様も素人の女の子を好きな男性は多いですが、テクニックはあった方が良いに決まってます。
テクニックが無いと、本番要求されたり、好き放題攻められる元となります!
とても気持ち良ければ、本番の要求もかなり減る事です。
『攻め上手は、自分を守る最大の武器です』

②強弱の緩急を付け、リズムや変化を大切に!いくらポイントを押えても、単調ではとてもつまらないモノです。
物事や文章では「起承転結」、演劇などでは「プロローグ~エピローグ」、四季であれば「春夏秋冬」なんでも変化やリズムが大切なのです。料理もどんなに美味しいハレンチでも、あっ失礼!フレンチでも、毎日3食出てきたら有り難味もなく飽きてきます。
どんなに甘いものが好きでも、全て甘い物では満足出来ないのが人間なのです。
お惣菜も、塩加減のある物、甘みや旨みがある物、辛い物、酸味のある物・・・色々あると美味しいし、楽しいですよね♪
そうです!グルメなチンコ(略してグルチン)の為にも、緩急、強弱、リズム、ピッチを自在にあやつり、グルチンを唸らせて差し上げましょう♪

③唾液は快感を誘う潤滑液☆唾液を上手に使う!唾液を上手にからませながら、焦らしたり、滴る唾液でキャン玉袋を舌先や指先で攻めるのにも効果的。
唾液で音を出すのにも、とても必要!

④相手の『五感』と『股間』をバランスよく攻める!
破裂音、吸引音、喘ぎ声、上目遣い、美味しそうなしゃぶり方、スケベな仕草、恥らう仕草・・・
男性は五感で楽しみ、股間感じる生き物なのです

⑤ある物、使える物は全て駆使する!密着感が大切です!お口だけではダメなのです。
フェラチオしながら、何気なく自分の乳房を男性の身体に時々当ててみたり、空いてる両手の片手は、男性の乳首や脇腹をいじってみたり、触れている箇所や触れている面積が多いほど安心感や快感も増すものです☆女性の皆さんも経験あると思いますが、ただひたすら腰をカクカクされてもつまらなかったり、気持ち良くなかったりしますよねぇ。

⑥舌先、唇は最大の武器!日頃の鍛錬が物を言う!
舌も、尖らせる、つつく、絡める、包み込む、弄る、這わせる・・・
唇も、すぼめる、咥える、吹く、挟み込む・・・色々なバリエーションを持たせる事が大切です。
また、お口が自分の「アソコ♪」とイメージしながらしてると、きっと男性にも伝わるものがある筈です。
時々、自分の指や食べ物などで練習も良いかも知れません。

⑦男性自身(いわゆるチンコ!)をいとおしく思う事!そして、相手が感じる事に悦びを感じる事!
「ちょ~かわいい~!」「いいこ、いいこ」など、マスコットやペットのような感覚で、愛情をもって接する事が大切です。
そうです!「ムツゴロウさん」のような愛情表現なんか最高ですね
相手の感じる姿、喜んでる姿に、喜びや感動が生まれたら言う事無しです

⑧時間をたっぷりかける!面倒くさがらない!短いコース時には、相応の配分が必要ですが、只、ひたすら心の中で「早く行け!早く!早く!」と唱えるのではなく、余裕をもって、時間をたっぷりかける事が、最高の快感を味わって頂く必須条件です。
早漏気味のお客様であれば、微調整を行いながら(軽く、キャン玉袋を引っ張ったり、亀頭を軽く萎ませたり・・)ピッチをスローにしたり、別の部分を攻めて意識をそらせたり・・
「出せば終わり」ではありません!時間内にどれだけ充実したムードと快感を得て頂くかも大切な事です。
皆さんも彼氏にじっくりと時間をかけて頂点を迎えた時は気持ち良いですよね???
同じ「イク!」「出る!」でもクオリティーの良い「フィニッシュ」を目指しましょう

もっと色々書きたいのですが、これ以上書くと、ただの「変態」と勘違いされる可能性があるので、今回はこの辺にて・・・


風俗のお仕事は、つらい事があっても仕事の性質上、友人に相談出来なかったりして、ストレスが多い中、みなさん良く頑張っていると思います。
怪我をした時は、薬をつけたり、絆創膏や湿布を貼ったりするように、心が疲れた時には、心を休めたり、リフレッシュさせてあげる事も大切ですよ無理せずに、少しづつ、コツコツと!ネ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。